自分に合った介護施設を探す時は専門のサービスに相談しよう

暮らしに身近な福祉未来を創造する子どもの育成

老人ホームの種類

老人ホームの種類について

老人ホームには介護保険施設、養護老人ホーム、経費老人ホーム、有料老人ホームなど色々な種類があります。一般的な老人ホームと有料老人ホームの違いは運営主体の違いにあります。 養護老人ホームや経費老人ホームは社会福祉法人などが運営しており、養護老人ホームに限っては施設への入所は行政の措置で決められます。経費老人ホームはA型、B型とありますが、基本的には身の周りのことは自分でできる人が、健康上に不安があって、身寄りがなかったり家庭の事情で同居が難しい人が入所対象となっています。 それに対して有料老人ホームは民間事業者が運営しており、健康状態に応じて健康型、住宅型、介護付きの3種類があります。月額利用料や入居一時金などは施設ごとに異なります。

有料老人ホームについて

有料老人ホームの健康型は、介護の必要がない健康な人が入所の対象となります。多くの場合、食堂があって3食の食事は提供されますが、居室にはキッチンや浴室などの設備が付いているところも多く、自由に過ごすことができるようになっています。 住宅型の場合は緊急時の対応をするスタッフはいますが、介護を専門とするスタッフは常駐していないため、介護を必要になった場合は、外部の介護事業所にサービスを依頼することになります。そのため、一人での生活が困難になった場合は退去しなくてはならなくなります。 介護付きの有料老人ホームには介護スタッフが常駐しているため、必要な介護を24時間受けることができます。最近では介護付きの有料老人ホームが増加しています。