自分に合った介護施設を探す時は専門のサービスに相談しよう

暮らしに身近な福祉未来を創造する子どもの育成

車椅子での段差の存在

段差解消機で行動範囲を広げる

車いすだと少しの段差でも、障害となり得ます。そこで、段差に対してスロープで対応することが出来ますが、ゆるやかな勾配を取るためには広い場所が必要になります。 しかし、それだけの場所を取ることが出来ない場合、段差解消機を設置することにより段差を解消出来ます。 段差解消機は機器によっても違いがありますが、大体2m程度上がることが出来ます。スロープだと介助が必要になりますが、段差解消機だと一人で車椅子のまま操作出来ますので、外に出たい時、あるいは中へ入りたい時、自由に動くことが出来ます。 段差解消機は屋内と屋外どちらにも設置できますし、さまざまな利用条件に対応していますので、車椅子での活動範囲を広げることが出来ます。

段差解消機で段差を気にせず出入りする

段差解消機は車いすを日常的に使用している方や、歩行に支障がある方の足元をサポートするための機材です。同じようなものに簡易スロープもありますが、これでは段差によっては何倍も距離を取らなくてはならず、そのぶんの移動距離が余計にかかってしまうことになります。 しかし段差解消機なら、それよりもはるかに短い距離の移動ですむメリットがあります。しかも段差解消機は油圧や電動で操作できるので、車いすに乗りながらでも片手でリモコン操作で動かすことも可能です。 この段差解消機を設置する場合、屋内、屋外共に設置場所が平らであることが第一条件になります。平らな設置場所がない場合は整地する工事を行うとともに、さらに別途ピット工事や振れ止め工事が必要になる場合もあります。