自分に合った介護施設を探す時は専門のサービスに相談しよう

暮らしに身近な福祉未来を創造する子どもの育成

介護しやすい住宅に

介護リフォームとは何か

体に障害のある人や、体力の衰えたお年寄りにとっては、家のなかの小さな段差が思わぬ怪我の原因となってしまったり、階段の昇り降りが大きな負担となって行動範囲が制限されてしまうことがあります。これらの問題を解消し安全で快適に過ごせるように、家の中の段差を無くしたり、出入り口のドアを体の移動が少ない引き戸に変えたり、階段や風呂場に手すりを取り付けたりすることはバリアフリーリフォームと呼ばれています。このバリアフリー化に加えて、廊下の幅や部屋の出入り口を大きく確保し、風呂やトイレに自力で行けるように寝室に隣接させることは、要介護者だけではなく介助者の負担も減らすことにつながり、これらは介護リフォームと呼ばれます。

助成金制度を使ったリフォーム

要介護者を介護する住宅はバリアフリー化が必要であり、この介護リフォームには、住宅改修費助成制度が適用されます。この制度は、要支援または要介護1〜5に認定された場合に住宅の改修が必要な場合は20万円まで、改修費の9割が補助対象となります。助成制度を受けることができる介護リフォームは条件が設定されています。階段や廊下、玄関、トイレなどの室内に設置する手すりの他、玄関から道路までの屋外の手すりの取り付けや、床の段差の解消工事、滑りやすい床を固い床材への変更、要介護者が使いづらい開き戸を引き戸への交換、和式便器よりも介護がしやすい様式便器への交換や、便器の高さを変更する場合の交換といった工事に適用されます。更に、各市町村などでも介護リフォームへの助成金制度を設けている場合があります。