自分に合った介護施設を探す時は専門のサービスに相談しよう

暮らしに身近な福祉未来を創造する子どもの育成

福祉車両の普及

高齢化社会における福祉車両の普及

65才以上の高齢者割合がますます増加し、まさに我が国は超高齢化社会へと突入しております。高齢となり、歩行もままならなくなったお年寄りは、車いすを使用する人も多いですが、そうなると車での移動も簡単にはいかなくなります。普通自動車に移乗できる人ならまだ良いですが、シートへの移乗自体も苦労する人は介助する人も苦労を強いられるます。こうした場合に車いすごと車に乗れたり、或いはシートが回転して移乗しやすくする工夫を施した福祉車両が役立ちます。これらの福祉車両を用いてタクシー業務を行う介護タクシーも多く活躍してますが、移動費だけでなく乗降介助も行ってもらえる為、便利です。今や各自動車メーカーもこうした福祉車両の取り扱いも増えており、外出頻度が高い方であれば、一層のこと自宅の自動車を福祉車両とした方がそのメリットも高いかもしれません。

いろんなタイプが続々登場。福祉車両

今や特に朝夕の通勤時間帯、道路を走ると様々な〇〇デイサービス等の介護事業所の車を見かける様になりました。これらの車は高齢者を自宅からサービス事業所まで送迎してくれるサービスが一体となっています。歩行が難しく、車いすを利用しているお年寄りも多いことから、こうした送迎用の自動車には福祉車両を導入しているケースが多い様です。人が乗ったまま2台もの車いすを載せる事ができたり、乗降がしやすいように車体が低くなったり、いろんな工夫が施された車両となっています。超高齢化社会へ突入した今では、各自動車メーカーもこれらの福祉車両の開発に力を入れている様であり、新型のトレンドな乗用車も福祉車両タイプのものを製造したり、一般家庭への普及も一層多くなっています。