自分に合った介護施設を探す時は専門のサービスに相談しよう

暮らしに身近な福祉未来を創造する子どもの育成

バリアフリー化する

バリアフリーリフォームは出来るだけ早く行なう

人生はいつ何時、どのような変化を迎えるか分かりません。健康に暮らしていても、不意の事故に見舞われる事がありますし、お子様が結婚を機に自立すれば自分の老後を自分で守る必要があります。そうした時に大切なのは自宅のバリアフリー化です。ご自宅のバリアフリー化は、身体が自由に動く内に、出来るだけ早く行なうようにしましょう。近年ではバリアフリー専門のリフォームサービスも存在しています。 一般的な住宅のバリアフリー化は、近年リフォームを専門的に行なう業者が請け負っています。 またなかには、バリアフリーリフォームに際して最も良い業者を勧めてくれる仲介業者も存在しています。数ある業者の中から最も適切なリフォーム業者を見つける場合、このような仲介業者を利用しましょう。

考慮したい多様な工夫

住まいの構造はそれぞれに異なります。二階建ての家と一階建ての家では必要になるバリアフリー機能も異なります。バリアフリーリフォームを考える場合、まずは自宅を検分してもらいましょう。 一般的に人気なリフォームと言えば、「段差の解消」が挙げられます。部屋と部屋の間にある段差や、バスルームの段差は、こけた場合大変危険です。スロープなどでバリアフリー化しておくだけで大きな事故を防ぐ事ができるのです。 こうしたバリアフリー化はご高齢者だけでなく、妊婦さんの安全を守るためにも大切です。 他にも「扉」のリフォームを依頼する方が沢山おられます。ご高齢者の方々やご病気の方にとって、取っ手を回して開けるタイプの扉は一苦労です。引き戸にリフォームするだけで将来的な手間を省く事ができます。