自分に合った介護施設を探す時は専門のサービスに相談しよう

暮らしに身近な福祉未来を創造する子どもの育成

老人ホームの種類

老人ホームにはいくつか種類があります。よく聞く介護保険施設や養護老人ホーム、経費老人ホーム、有料老人ホーム等用途や状況によって使い分ける必要があります。また運営主体の違いによって対象も異なります。

車椅子での段差の存在

歳を取ると車椅子で生活することもあるでしょう。そういう時に非常に困るのが段差の存在です。この段差は段差解消機を使用することで車椅子のまま通ることが可能です。また車には昇降機を付けると乗り降りが楽です。

バリアフリー化する

バリアフリー化するのは介護対象者がいる住宅環境では非常に重要です。その為最近ではバリアフリー化を行なう専門のリフォーム外車も登場しています。リフォームではスロープや手すり等の取り付けが行われます。

介護しやすい住宅に

介護リフォームとは介護する際により介護しやすく、また介護される側に負担が無いような環境にするための住宅工事のことで、双方にとってメリットがあるため、多くの方が検討しています。助成金制度も存在します。

施設探し

高齢者施設をお得に探す方法

現在では介護保険施設や有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅など、高齢者を入居対象とした施設が数多くあります。 たくさんの施設の中から自分に合った施設を探すのには大変な労力がかかってしまいますし、そもそも施設の違いが分からないといった人も少なくありません。 そのような場合、施設選びの手助けをしてくれる専門サービスを利用すると、希望地区や収入などに応じて適切な施設を選んで紹介してくれます。 現在ではそのような専門サービスが数多くあり、有料老人ホームとサービス付き高齢者住宅の違いを説明してくれたり、気に入った施設が見つかった場合は、施設見学に一緒に同行してくれるなどのサービスを無料でしてもらえるところもあります。

高齢者施設の平均的な価格について

高齢者施設はその施設ごとに料金が大きく異なります。 介護保険施設の場合は1割負担で済むので経済的負担も少なくて済みますが、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅などの場合は、月額使用料等は全額自己負担となります。介護付き有料老人ホームでも介護保険施設のように施設職員による介護を受けながら生活することができますが、平均的には10万円前後の月額使用料がかかります。しかし、介護保険施設に比べると入居条件も幅広く、比較的誰でも入居しやすいのが大きなメリットです。 また、有料老人ホームの場合、住宅型と介護付きが併設している場合も多く、住宅型に入居していた人が介護が必要になった時に、優先的に介護付きの方へ入居させてくれることも多く、新しい転居先を探す手間が省けます。

 福祉車両の普及

高齢者を送迎するための車両に福祉車両が存在します。専用の機器が搭載されていて、乗り降りが容易になるため多くの場所で利用されています。自動車メーカーでもこの福祉車両は提供されています。